前回インタビューの(有)新井 代表取締役 新井さんからのご紹介です。

有限会社AMSパソコン教室会社概要 お客様目線で新しい商品を開発
--- まずは、(有)新井の新井さんとのご関係を教えてください。
  新井さんは私が経営しているパソコン教室の生徒さんです。現在でも、ホームページ作成など支援をさせて頂いています。大変お忙しい方なので、私が新井さんの会社に訪問して支援しています。出張サービスですね。

--- 「出張サービス」をなさっているのですね。その部分を含めて、「事業内容」「強み」を教えてください。
  メインの事業は「パソコン教室の運営」です。「パソコン教室」ではワード、エクセルなどのオフィスソフトの講習をしています。また、ホームページ作成の支援、SEO対策、会計ソフト導入支援なども行っています。その他に、事業主様・法人様向けに総務(文書作成など)、経理(起票、入力)業務などの事務代行サービス、自動車の仲介もやっています。自動車は私の得意分野です(笑)。
  このように「私のできることはなんでもやる」が事業内容であり、その対応力(小回りの良さ)が強みだと思います。

--- 事業範囲が大変広いですね。その理由は何でしょうか?
  お客様の喜びが私の喜びだからです。生徒さんや新規のお客様が困っていたら、なんとかしてあげたい、そう思うんですよ。なので、自分でできることはやるし、できないことは知り合いを紹介するなどしています。私が行うサービスによってお客様が喜ぶ、満足する、これがなによりなのです。サービス精神が旺盛なのでしょうね。
  私は、パソコン教室を始める前は「TVゲームソフト販売店」を経営していました。その時から、お客様の様々なニーズに対応してきました。それもお客様の満足のため、自分の満足のためですね。

パソコン教室風景
今までになかった料金体系、高いコストパフォーマンスで勝負
--- 「TVゲームソフト販売店」を経て「パソコン教室」を始められた理由はなんでしょうか?
  TVゲームソフト販売店を経営しているうちに、この業界の限界が見えたからです。インターネットが主流になってインターネット販売の時代が来ると感じました。そこで、得意であったパソコンの仕事をしようと考えたのです。パソコン教室を始めるにあたって、これまでのパソコン教室の常識を打ち破る料金体系にしました。
  それが、30分から対応可能というスポット受講、低価格、入会費/会費不要の形態です。当時は非常に珍しかった。

選ばれる理由
--- サービスの「革新」ですね。AMSパソコン教室さんの評判が良いことはインターネットからの情報で知っていましたが、その理由がわかってきた気がします。鈴木さんの「サービス好き」がお客様の満足につながっているのですね?
  そうなのかもしれませんね。「好き」だからこそできるサービスもあると思います。私の場合は、「できることはやる」です。

--- 現在のお客様はどのような方が多いのですか?また、その理由はなんでしょうか?
  小規模企業の経営者の方が割合的には多いです。会社勤めを終えた退職者の方も多くいらっしゃいますね。
  経営者の方は「必要に駆られて」という理由が多いように感じます。また、退職した方の中には、昔から習いたかったが時間がなかった。だから、ゆっくり習えるようになったのでいらっしゃっている方もおられます。

ITには多くのメリットがある。その活用のお手伝いをしていきたい
--- 話は変わりますが、士業などの専門家の活用はしておられますか?
  専門家の専門性を活用することは、現状していません。自分で出来ることはやってしまっています。ただし、専門家の方は多くのネットワークをお持ちなので、そのネットワークを活用させて頂いたりはしています。逆に私のネットワークを提供したりもしています。ギブアンドテイクの関係といったところです。

--- 御社の今後の戦略を教えてください。
  現在のお客様との繋がりを大事にして、単なるパソコン教室ではなく、インターネットを活用するとこんないいことがあります、などのアドバイスをどんどんやっていきたいと思っています。硬い言葉で表すと「IT経営支援」「IT活用支援」といった感じです。私の持つ知識・スキルを存分に発揮し、チャレンジしていきます。

--- 最後に鈴木さんの考える「サービスに重要なこと」をお聞かせください。
  「わかりやすさ」ですかね。シンプルといった表現も良いかもしれません。お客様にわかりやすい・シンプルなサービスを通して満足を提供できることが一番良いと思っています。「難しく考えず、比較的簡単にできることを探すお手伝い」がAMSパソコン教室のコンセプトでもあります。

--- 本日はインタビューにお答えいただきありがとうございました。同じ経営者の方々にも参考になるお話しを頂戴しました。御社のさらなる飛躍を応援させていただきます。

ホームページ

インタビュー